2007年08月14日

【指輪物語豆知識(20)】ガラドリエルの贈り物

映画と原作では異なる部分がけっこうあります。大きな違い、小さな違い。そのへんをおりにふれて書いてみたいと思います。

フロドの一行はモリアの坑道をようやく抜けて、命からがらといったていでロスロリアンのエルフの元にたどりつきます。そして数日あとにロスロリアンをいざ出発というときに、ガラドリエルの奥方から各人に贈り物がなされます。原作ではこうなっています。

*アラゴルン・・・・・裂け谷を出る前に鍛え直されたアンドゥリル(アラゴルンにより新たに名づけられたナルシル。映画ではかなりあとにエルロンドが届けてきますが、原作では裂け谷にいる間に鍛え直され、最初から所持しています)を収めるための美しい剣の鞘。およびアルウェンから託されたエルフの緑の石(映画ではペンダントにしてアラゴルンがさげていましたが、原作ではブローチ)(注1)。
*ボロミア・・・・・金のベルト
*ピピンとメリー・・・・・銀のベルト(注2)
*レゴラス・・・・・ガラズリムの弓と矢(ガラズリム、つまりロスロリアンのエルフたちが使う、レゴラスら闇の森のエルフ愛用のものよりも強靱な弓と矢)
*サム・・・・・木の箱におさめられたガラドリエルの庭の土(指輪戦争終結のあとに、ホビット庄の自分の庭にこの土を使い、ホビット庄一の美しい庭が誕生します)
*ギムリ・・・・・・ガラドリエルの髪の毛3筋(何もいりませぬと答えたギムリに、望むものを命じて答えさせたもの)
*フロド・・・・・水晶のびん(中にはエアレンディルの星の光をガラドリエルの泉の水に映じた光のエッセンスが集めて入れており、暗きところほど光を発する)

映画といっしょのものもあれば違うものもありますね。なお映画でサムがもらうロープは、3隻の小船に3巻きずつ贈り物とは別に用意されていました。
このほかにエルフの携帯食糧レンバスと、敵の目から見えにくくなるエルフのマントを全員に、そして3隻の驚くほど軽くてしかも頑丈な小船が与えられました。

(注1)ガラドリエルからその娘ケレブリアンに、そしてケレブリアンからその娘アルウェンに与えられ、アルウェンからアラゴルンに渡ったこの緑の石のゆえに、「以後、エレンディル王家のエルフの石、エレスサールを名乗られるがよい!」とガラドリエルはアラゴルンに勧めます。
これにより指輪戦争終結のあと、ゴンドールで王位についたアラゴルンはエレスサールを名乗り、以後エレスサール王と呼ばれることになるわけです。
(注2)映画では剣なのですが、ホビットたちはすでによい剣を持っています。それは、塚山で塚人に捕らえられたフロド一行がトム・ボンバディルに助けられた際、トムが塚から持ち出した宝の一部でした。かなりの名剣で(短刀ですが「ホビットには立派な剣」でした)、鞘に暗黒の勢力を呪うルーン文字があります。フロドも持っていましたが、ナズグルに抵抗してその剣で刺したところ、剣はとけてしまいました。でもフロドはビルボから「つらぬき丸」をもらっています(「まことホビット庄一の太刀! そなたは名剣をお持ちだ」モリアにてアラゴルン談)。
posted by ラリエン at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 指輪物語豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
let me guess, you did a search online for 窶徂ippie窶� and found this post 窶� disagreed with what you read, so in knee-jerk fashion, you fired off a comment to put me in my place.
Posted by Cheap Oakley Radarlock Sunglasses Outlet Sale at 2013年05月28日 07:27
My daughter will be 4 in a few short days and she is TERRIFIED of Nemo. She can watch Karate Kid with us, but freaks if Nemo is even mentioned. So, Annie, I feel ya sister. That窶冱 one scary shark!
Posted by Cheap Oakley Radarlock Sunglasses Outlet at 2013年05月28日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。