2008年01月24日

【指輪物語豆知識(89)】<ペレンノールの戦い(2)>烽火

さて、それでは今回からペレンノールの戦いにいたるまでの出来事を書いていきたいと思います。

アイゼンガルドの塔オルサンクにあったサルマンの使っていたパランティアを覗いてしまったピピンは、ガンダルフに半ばさらわれるような勢いでミナス=ティリスへと向かいます。ガンダルフとその前に座らされたピピンを乗せ、飛蔭は飛ぶように走ります。
やがて3019年3月9日の夕暮れどきに守護の塔が見えてきたとき、城壁の上のほうに火が見えたのです。ガンダルフは飛蔭を停めて、ピピンに叫びます。

「見よ! ゴンドールの烽火(のろし)がともされた!
見よ! アモン・ディンに火が! アインナッハに焔が見える。
ナルドル、エレラス、ミン=リンモン、カレンハド、
ローハンの国境(くにざかい)ハリフィリアンの山々に。」

映画のシーンは素晴らしかったですね。点火された烽火が次々とリレーされていくさまは本当に感動的でした。そしてエドラス(ローハンの都)で烽火を認めて、セオデン王に注進するアラゴルン。
なのですが、ここのシーン、原作とはけっこう違っています。
映画ではデネソール執政に忠告したにもかかわらず一言の元に却下されたガンダルフがピピンをそそのかして、烽火台によじのぼったピピンが火をつけますね。まずここが違う。最初にも書きましたように、烽火が点火された時点でガンダルフもピピンもまだミナス=ティリスに到着していません。あの烽火は執政の命令によって点されたものです。

だいたいにおいて映画では執政家の者がかなりひどい描かれようをしています。デネソールだけではなく、ボロミアもファラミアでさえも、そうとうに性格を変えられてしまっています。
原作におけるデネソールは大変な名執政であり、知恵も深く、尊敬の的だった人物です。その精神が徐々に蝕まれつつあったのは事実ですが、ある狂気の一点を越えるまではその苦悩を抑えつつ、見事に国の指導をしていました。そして狂気の一点を越えるのはまだあとのことです。
誰に言われるまでもなく、執政ほど援軍を欲していた者はいません。できる手はすべてつくしています。烽火だけではなく、主だった諸侯に援軍要請の伝統的な「赤い矢」を持たせた急使を派遣しています。烽火は見落とすこともあるので二重のシステムになっているわけです。事実原作ではセオデンは、この急使がくるまでゴンドールの召集の烽火が点ったことを知りませんでした。

アラゴルンやセオデンがエドラスにいた事実も原作にはありません。だいいちエドラスで烽火を見てから軍の召集をかけていたのではゴンドールの救援に間に合いません。彼らは角笛城の戦いのあと、エドラスで一息入れる暇などなく動き回っていました。このあたりのことにも触れておいたほうがいいと思います。時制的には遡ることとなりますが、ペレンノールの戦いにいたるいろいろな出来事は同時進行でもありますので、これからも時間を戻して書くことは多いと思います。

しかし続けて書こうとするとかなり長くなってしまいますので、それらのことは次回から。ペレンノールの戦いにいたるまではかなりの連載が必要と思いますが、ご容赦ください。

なお、これからも映画と原作の違いなどをいろいろ書いていきますが、これはなにも映画はだからだめ、とかの意味ではありませんので誤解なきよう。あれはジャクソン監督の心に描かれた『指輪物語』なのであって、本来はもっと作り込みたかったであろう部分も妥協しながらカットしていったものだと思います。あれは映画として大変に素晴らしいものです。歴史に残る名作といってよいでしょう。あれだけの映像を提供してくれたのですから、感謝でいっぱいです。
ただ映画ですと時間枠というものがありますので、長さを縮めるために多少の手を入れるのは仕方のないことだと思います。本サイトでは、本当ならジャクソン監督にしても描きたかったであろう原作のことどもを書いているつもりです。

本当に幸せな映画の楽しみ方は、原作を読んでいない、またこんなサイトも読んでいない(笑)状態でまず映画を見て、そのあと原作を読んで、そしてもう1回映画を見ることだと思います。うん本当にそう思いますよ(笑)。私は先に原作を読んでいたので、あの原作のシーンはどうなるのかなあ? なんて思いながら映画を見ましたので、素直に100%楽しめてなかったかもしれません(笑)。
posted by ラリエン at 10:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 指輪物語豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あったらイヤなクエスト

1 いつ来るともしれない狼煙を狼煙台から【見る】クエスト。

2 その前提として、狼煙台の(湿気てるだろう)薪を回収して湿気てない薪を持ってくるクエスト(繰り返し可能クエ)

3モリア洞窟前で放された馬のビルを見つけて無事にブリーの躍る子馬亭まで運んであげるクエスト
※ハーフレイドインスタンス(ヘレグロドや裂け目と同じような)

ヤダな、こんなクエストw
Posted by あみー at 2008年01月25日 20:12
>あみー様
あはは、それはしんどいですねw
ビルを送っていくなんて面白そうですけどねw
Posted by ラリエン at 2008年01月27日 19:53
Captivating writing, got everybody what I needed 窶� thank you!
Posted by ghd hair straightener at 2013年05月09日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。