2008年12月29日

【指輪物語豆知識(192)】<映画の詩・原作の詩(6)>

●そろそろクリスマス期間限定BGMはおしまいにして普通のに戻します(笑)。BGM、全部ではありませんが一部曲を入れ替えました。Enyaにかわりはありませんが(笑)。曲の説明は右上からどうぞ。

映画の詩つき映像シリーズの最終回。
タイトルをクリックすると映像が見られます(^_^)。

#63723&; Bilbo's Song ・・・・・「ビルボの歌」というと、『旅の仲間』で裂け谷を発とうとするフロドにビルボが詠った詩のはずですが、これはシンダール語で詠われています。どの場面で使われた曲かちょっと不明。でも原作の詞は、最後に歌ってもふさわしいのでここに配置しました。ここでは、原作にある西方共通語による詩を紹介しましょう。


ビルボの歌」(『中つ国のうた』。評論社刊。瀬田貞二、田中明子訳)


炉辺(ろばた)にすわって思うのは
わたしの見てきた事ばかり。
牧場の野花と蝶のこと
夏さる度(たび)に思い出す。

黄ばんだ木の葉とくもの網は、
送った秋の思い出よ。
朝霧に浮かぶ銀の日も、
髪をなぶった秋風も。

炉辺にすわって思うのは
この世がどんなになるだろうか、
春がこないで冬ばかり、
つづくとしたらどうだろうかと。

なぜならわたしの見ぬものが
この世にまだまだあるがため。
春くるごとに森ごとに
緑の色がちがうもの。

炉辺にすわって思うのは
遠い昔の人のこと、
わたしの知らない世の中を
これから見られる人のこと。

けれどすわって考える----
すぎた昔の日々のこと。
耳そばだてて待つものは
戻る足音、門の声。

---------------------------------------------------------


映画本編に出てきた曲はここまでなのですが、映画のエンドロールに流れた歌があります。三部作ですので三曲あるわけです。どれも素晴らしいこれらの歌を最後に。詩の訳はどれも字幕(戸田奈津子訳)より拾いました。
#63723&; May It Be, ・・・・・第一部「旅の仲間」のエンドロールに流れた曲。歌はもちろん Enya。

May It Be

ある時は 宵の明星が
美しい輝きを あなたに注いでいる。
ある時は 夜の闇が迫る。
どんな時も心の声に耳をかして
長い道をたった独りで歩いて
懐かしい故郷は 今はもうはるか彼方。

モルニエ
ウトゥーリエ
暗闇の中でも あなたは見つける
自分の進むべき道を。
モルニエ
アランティエ
暗闇に閉ざされても
あなたは光に導かれる。

ある時は 不吉な声が響き
不安に負けて勇気がくじける。
ある時は 道を歩みつづけて
明るい光のもとに たどり着く。
夜の闇を恐れずに耐えれば
やがて太陽が目の前に昇ってくる。

モルニエ
ウトゥーリエ
暗闇の中でも あなたは見つける
自分の進むべき道を。
モルニエ
アランティエ
暗闇に閉ざされても
あなたは光に導かれる。

暗闇に閉ざされても
あなたは光に導かれる
どこまでも・・・・・

--------------------------------------------------------


#63723&; Gollum's Song ・・・・・第二部「二つの塔」のエンドロールに流れた、ゴラムの心情を歌った、救いようのない歌。

  「ゴラムの歌

光は絶え果てて----
すべては闇に包まれた。
あふれていた愛は----
すべて尽きて失われた。
でも「さよなら」は言わないで
言わないで「私が努力しなかった」なんて。

ほほをこぼれ落ちる涙は----
雨となって地を濡らす。
わたしたちをだましたあなた
心は傷つきうずいている。
泣かずにはいられない
こんな孤独のなかに取り残されて。

道を見失い----
懐かしい家には二度と戻れない。

わたしの運命は一つ
自分を変えたくても変えられない。
信頼できる友は----
どこを探しても見つからない。
口をついて出る言葉は「さよなら」。
そして言う
「あなたの努力が足りなかった」と。

あなたのほほをこぼれる涙
今泣いても遅すぎる。
今までの嘘を取り消して。
心は傷つきうずいている。
泣いてどうなるの?

独りで運命を受け入れるときに
道を見失い----
懐かしい家には二度と戻れない。

--------------------------------------------------------


#63723&; Into the West ・・・・・第三部「王の帰還」のエンドロールに流れた曲。

In to the West

さあ横におなり
疲れた頭をゆっくり休めて。
夜の帳(とばり)が降りて
あなたの長い旅は
今 終わりを告げる。

ゆっくりお休み
先に行った人の夢を見ながら。
その人たちが呼んでいる
はるか遠い海のかなたから。

あなたはなぜ泣くの?
なぜ涙がほほを濡らしているの?
でもあなたには分かるはず
すべての恐れが消え去ることを。
わたしのこの腕に抱かれて
あなたは安らかに眠りに落ちる。

よく見て、何が見える?
あの水平線のかなたに
空を舞う白いカモメは なぜ啼くのか。

限りなく白い海原に
青白い月が昇ってゆく。
船が近づく
あなたを故郷に運ぶ船が。

そしてすべてが
銀色のガラスに変わってゆく。
海の面(おもて)に光が差して
すべての想いは過ぎ去ってゆく。

希望は色あせ
夜の闇に呑まれてゆく。
濃い影がたちこめて
記憶と時が薄れてゆく。
でも言わないで
「これですべてが終わった」と。

白い砂浜が呼んでいる。
いつかまたきっと会える。
あなたは私の腕に抱かれて
ただ無心に眠る。

よく見て、何が見える?
あの水平線のかなたに
空を舞う白いカモメは なぜ啼くのか。

限りなく白い海原に
青白い月が昇ってゆく。
船が近づく
あなたを故郷へ運ぶ船が。

そしてすべてが
銀色のガラスにかわってゆく。
海の面(おもて)に光が差して
灰色の船が遠ざかる
はるか西方を目指して。

-------------------------------------------------------


*


●「指輪物語豆知識」はこれにてしばらくお休みいたします。早ければ1月下旬ごろから再開したいと思います。来年もどうぞよろしく(^_^)。
あ、abcのUPはまだまだ続きますよ(笑)。
posted by ラリエン at 03:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 指輪物語豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 初めて書き込みまさせていただきます。平田真夫と申します。
 実は上の「炉辺にすわって思うのは」の歌、私も作曲してまして、先日妻のいる室内合奏団に演奏していただきました。

http://www.hirata-koubou.com/music/robata/robata.html

上で聴けますので、何でしたらいらしてください。
Posted by 平田真夫 at 2016年02月24日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。