2008年11月22日

●BGMを入れてみました^^

●右上にプレイヤーおきました、ランダムで曲が鳴ります。うるさい方はポーズで消してね。
鳴ってる曲の解説もありますよ^^続きを読む
posted by ラリエン at 01:49 | TrackBack(0) | BGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

2008年クリスマス限定BGMの解説

クリスマス クリスマスBGM解説 クリスマス


2008年のクリスマス・シーズン限定BGMを設定いたしましたが、その解説です(^_^)。

これも、すべて Enya の作品から。2008年11月に発売されたばかりの最新アルバムの「And Winter Came」のクリスマス・ソングを中心に、クリスマスっぽいものを選んでみました(^_^)。

Oiche Chuin・・・・・・・これはゲール語で「イーハ・ヒューイン」と読みます。曲は日本でもっとも親しまれているであろうクリスマスの賛美歌「聖夜」(聖しこの夜)ですが、Enyaはゲール語で歌っています。この曲はEnyaは2回録音していて、BGMに入れたのは最新アルバム「And Winter Came」に新たに録音されたもののほうです(^_^)。

Adeste, Fideles ・・・・・クリスマスの賛美歌「御使いの主なる大君」。これは「Amarantine」の特別盤のボーナスCDに収録されたもの。ラテン語で歌われています。

O Come,O Come Emmanuel・・・クリスマスの賛美歌「久しく待ちにし」です。これは最新アルバムの「And Winter Came」に収録されたもので、曲の成立(15世紀フランス)よりも古い、9世紀のラテン語の歌詞で歌われています。

We Wish You A Merry Christmas ・・・・クリスマスPopsで有名なこの曲も、Enyaが歌うとなんでこうも「まったり」してしまうのでしょう(笑)。「Amarantine」の特別盤のボーナスCDに収録されたもの。

The Magic Of The Night ・・・・Enyaオリジナルのこのクリスマス・ソングも「Amarantine」の特別盤のボーナスCDに収録されたもの。

Christmas Secret ・・・・・このEnyaオリジナル曲も「Amarantine」の特別盤のボーナスCDに収録されていました。

And Winter Came・・・・・最新アルバム「And Winter Came」収録のタイトルと同名の曲です。インストゥルメンタル曲。

Journey of the Angels・・・・・最新アルバム「And Winter Came」収録。主キリストがお生まれになる直前に、ご降誕の準備をするためにベツレヘムに向かう天使たちを歌っています(^_^)。

White is in the Winter Night・・・・最新アルバム「And Winter Came」収録。クリスマスがやってくる心躍る気持ちを描いた曲。

One Toy Soldier・・・・・・最新アルバム「And Winter Came」収録。クリスマスの前の日、おもちゃの兵隊さんは悩んでいます。あしたは太鼓をたたかなければいけないのに、太鼓が壊れちゃってる、どうしよう。その夜、誰もきづかないうちに誰かがやってきて太鼓を直してくれました。クリスマスの日、おもちゃの兵隊さんは皆に素敵なクリスマスがきますように祈っていっしょうけんめいに太鼓をたたきました。

The Spirit of Christmas Past・・・・・最新アルバム「And Winter Came」収録。ディケンズの小説『クリスマス・キャロル』から題材をとって、この小説の伝えたかったメッセージを託した曲。

Trains and Winter Rains ・・・・クリスマス曲ではないのですが、最新アルバム「And Winter Came」に収録されたもの。このアルバムのリード・トラックとあります。人生を列車の旅にたとえた歌詞が歌われます。

My! My! Time Flies!・・・・・・最新アルバム「And Winter Came」収録。これもクリスマス曲ではないのですが、大変楽しい曲です。Enyaがビートルズの「サージャント・ペパーズ・ロンリーハート・クラブ・バンド」の中の曲からリズムのアイデアを得て作った曲。歌詞に「アビィ・ロードを横断する4人の男。ひとりは靴をはくのを忘れてしまっている」などというのが出てきます(^_^)。
posted by ラリエン at 00:00 | TrackBack(0) | BGM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。